京都の塾 上京区の塾 吉村塾です  

京都・西陣 町家の勉強部屋

TEL.075-441-3565

〒602-8226 京都市上京区大宮通元誓願寺下ル石薬師町687

まど・みちおさんの「もうすんだとすれば」という詩です。

まど・みちおさんの「もうすんだとすれば」という詩です。

 

「もうすんだとすれば」          作まど・みちお                        

もうすんだとすれば これからなのだ

あんらくなことが 苦しいのだ 暗いからこそ 明るいのだ

なんにも無いから すべてが有るのだ 見ているのは 見ていないのだ

分かっているのは 分かっていないのだ 押されているので 押しているのだ

落ちていきながら、昇っていくのだ 遅れすぎて 進んでいるのだ

一緒にいるときは ひとりぼっちなのだ やかましいから 静かなのだ

黙っている方が しゃべっているのだ 笑っているだけ 泣いているのだ

ほめていたら けなしているのだ うそつきは まあ正直者だ

おくびょう者ほど 勇ましいのだ 利口にかぎって バカなのだ

生まれてくることは 死んでいくことだ

なんでもないことが 大変なことなのだ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>