京都の塾 上京区の塾 吉村塾です  

京都・西陣 町家の勉強部屋

TEL.075-441-3565

〒602-8226 京都市上京区大宮通元誓願寺下ル石薬師町687

吉野弘さんの「奈々子に」という作品(詩)です。

吉野弘さんの「奈々子に」という作品(詩)です。

imagesYMVKBOHT

 

 

 

奈々子に

赤い林檎の頬をして 眠っている

奈々子。

お前のお母さんの頬の赤さは そっくり

奈々子の頬にいってしまって

ひところのお母さんの つややかな頬は少し青ざめた

お父さんにも ちょっと 酸っぱい思いがふえた。

唐突だが

奈々子

お父さんは

お前に 多くを期待しないだろう。

ひとが ほかからの期待に応えようとして どんなに

自分を駄目にしてしまうか お父さんは

はっきり 知ってしまったから。

お父さんが お前にあげたいものは

健康と 自分を愛する心だ。

ひとが ひとでなくなるのは

自分を愛することをやめるときだ。

自分を愛することをやめるとき

ひとは 他人を愛することをやめ

世界を見失ってしまう。

自分があるとき

他人があり 世界がある。

お父さんにも

お母さんにも

酸っぱい苦労がふえた。

苦労は 今は お前にあげられない。

お前にあげたいものは

香りのよい健康と

かちとるにむずかしく

はぐくむにむずかしい

自分を愛する心だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>