京都の塾 上京区の塾 吉村塾です  

京都・西陣 町家の勉強部屋

TEL.075-441-3565

〒602-8226 京都市上京区大宮通元誓願寺下ル石薬師町687

吉村塾ブログ
サイト管理人のブログです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ブログ一覧

3月1日 吉村塾の今日の日誌です。

199100161

 

 

 

上京・西陣の吉村塾です。

今日は11名の生徒さんに来ていただきました。ありがとうございます。

小4のA君が、お母さんと一緒に塾見学に来ていただきました。ありがとうございます。ご入塾を心よりお待ちしております。

さて、いよいよ3月となりました。ここ数日の暖かさで京都御所の梅もさらに膨らんだことだと思います。明日は、雨模様なので見に行けないのが残念です。でも、これからの季節はさまざまな花を楽しめます。一年間の仕事の仕上げに花を見る、というのがわが塾、わが夫婦の習慣です。

2月28日 吉村塾の今日の日誌です。

imagesYMVKBOHT

 

 

 

 

 

上京・西陣の吉村塾です。

今日は15名の生徒さんに来ていただきました。ありがとうございます。

今日の京都も、暖かくなったので、ストーブ対策を万全にしました。お陰で快適な塾の一日でした。15名の生徒数を少ないと見るか、多いと見るかは、ご想像にお任せいたしますが、先生二人の個別に近いスタイルですので、仕事量は多かったと思います。

小2のA君。塾3回目。塾での勉強の流れが分かってきたようで、次に何をするのか、理解できているようでした。「生徒は上手くまかし、塾は上手くみちびく」。このよい関係を維持していきたいと思います。

小4のBちゃん。先日、ご両親が揃って来塾していただき、「受験宣言」をいただきました。これから一つひとつハードルを上げて指導していきたいと思います。Bちゃんのよいところは、目上の人に対する言葉・態度・姿勢がよいこと。たぶん、親御さんのしつけなのでしょう。感心します。

小4のCちゃん。いつものようにテキパキと勉強に取り組んでいただきました。塾で見せる言葉・態度は、「家とはまったく違う」という姉報告もありますが、その姉の個性を引き継いでいる面もあるので、塾としては対応しやすいですね。目標を示して鼓舞すること。これで姉も、おそらく妹も大丈夫でしょう。

中3のDちゃん。先日、「これが最後のお月謝です」と丁寧な言葉を添えて下さいました。6年間、こちらこそありがとうございます。希望の内部進学も決定し、4月からは高校生です。「出席カードの裏の写真、何がいい?」と聞くと、「嵐がいい」と答えてくれました。

中1のEちゃん。学年末テストの結果が悪かったことに対して、私が、「ガーガー」言ってしまい、泣かせてしまいました。でも、今日は、家内にさかんに「お家話」をして笑っていました。家内を友達と思っているフシがあります。

さて、いつもの「少子化問題」です。ご一緒にお考えください。

京都市では、かつて小学校の統廃合が急速に進みました。当塾がある西陣中央小学校学区も、三つの小学校の統合校です。そして、中学校の統廃合も進みました。私が子供の頃は、小学校の分校、中学校の分校というのがよくありまししたが、今の時代はその逆ですね。京都市内には「元○○小学校跡地」という石碑がよく見かけます。

もちろん、義務教育ですので、入学希望者に見合う学校・教室数は確保しなければいけません。府教委・市教委は毎年の希望児童・生徒数を見ながら調整していると思います。しかし、例えば、御池小学校を作ると、そこへめがけて住民票を移す保護者がいて、生徒はプレハブ教室になったりなど弊害も生まれています。

しかし、少子化問題は、京都の高校にも及んでいます。高校は単純に統廃合すればいいと言うわけにはいきません。大阪の橋下市長が、「2年間、定員に達しない公立校は停止だ」という強断を、京都で、するわけにはいかないのです。

なぜなら、京都の高校は、地域の高校であり、同じ地域の生徒が通う学校という性格を持ってきたからです。地域の学校として特進(Ⅱ類)・普通科(Ⅰ類)を設けて、地域の子どもたちを育むシステムだったのです。しかし、少子化問題と、私学の躍進によって、今年からこの態勢は変更されました。

それが「自由出願」です。京都市・乙訓地域、あるいはそれ以外でも、自由に出願してもよろしい、という制度です。自由とは競争を意味します。倍率を見ながら、合格できそうな高校を選ぶ、というシステムなのですが、「地域高校」というこれまでの性格は失われることになるでしょう。

京都は都会風の田舎なのですが、少子化によって、いよいよ都会化していくのだろうと思います。小中高と18歳まで地域で育み世に出す、というシステムは希薄化していきそうです。残念ではありますが、京都の都会化への徴候かもしれません。

2月27日 吉村塾の今日の日誌です。

15c55387[1]

 

 

 

 

 

上京・西陣の吉村塾です。

今日は15名の生徒さんに来ていただきました。ありがとうございます。

今日の京都は暖かくて、でもストーブは必要なので焚きましたが、教室内はどんどん温度が上昇。夜9時の終わりには28度に達していました。巨大ストーブ、付けたら最後、細かな調整が利きません。私が暑くてダウンしました。

中2のAさんとBさん、明日が定期試験最終日なので、普段の2倍増しで勉強していました。一応、褒めちぎりますが、普段からそのスピードで取り組んで下さい。4月からは、受験生ですよ。でも、明日の試験でいい点取ってね!

中3のCさん、勉強クラブ卒業です。3月7日の中期選抜まではチケットで来てくれます。3年間ありがとうございました。希望校に合格できるように、わが塾の稲荷様に祈願しておきます。人力で勝ちとる栄冠ですが、神力も少し加味してもいいでしょう。

 

2月26日 吉村塾の今日の日誌です。~京都・公立高校入試について その2~

CIMG00231

 

 

 

上京・西陣の吉村塾です。

引き続き、京都・公立高校入試について、考えます。

昨年度までの京都の高校入試の流れは、まず、私学専願か併願を決めて、私立高校を一校受けます。専願で合格すれば受験終了。併願で合格すれば「私立確保」となり公立受験へ進みます。このように書けば、他府県と何ら変わることはありません。

ところが、京都では年末をメドに「担任調整」が強力に入ります。成績の良くない生徒は私学へ行くように指導されます。併願で私立を受かった生徒に対しても「私学でもいいのでは」と強く勧められます。こうして公立高校の募集定員に合わせた受験生が確保されます。似たような指導はどこでもあると思いますが、京都は強力でした。だから、公立を受験して落ちる生徒はほとんどいない、という結果をもたらしていたのです。

このようなシステムが長く続くと、公立受験が認められれば私学は受験しない、あるいは、経済的理由で公立以外は受けない、といった要望が盛んになり出しました。また希望するⅠ類(普通科)でないところに回し合格されたくないから、有利なバス停を申請する、あるいは希望する公立校への進学を認めようとする、非常に細かなルールが次々と作られていきました。

私学は、専願志願者の確保に走り、中学校だけでなく、塾訪問も繰り返していました。併願合格者も公立へ流れることを見越して定員の数倍の合格数を出していました。そして「担任調整」をへて入学してくる生徒を待っている状態となっていたのです。しかし、私学は努力してきたと思います。教育指導技術は抜群で、国公立大学への進学では、公立校を圧倒してきました。京都の高校生の4割は私学を選んできたのです。

さて、今年からの公立改革です。一言でいえば、担任調整を行わず、自由出願へと変えました。そして総合選抜から単独選抜へと変更しました。これで京都の高校入試は激変したのです。

私学は入学者確保の見込みがなかなか立たず、より多くの併願合格者を出したと思います。ほぼ全入に近い数ではないでしょうか。数字はまだ公表されていませんので推測です。ただ、まわりに私学を落ちたという生徒を聞いていないのは事実です。

また、各中学校の担任の奨励もあって、公立前期選抜に定員の2,5倍の生徒が出願しました。しかし、担任によっては前期選抜(普通科)を受けないように指導した形跡もうかがえますが、専門学科への志願者も激増しました。これが「自由出願」です。教育委員会はこういう結果を予想していたのかどうか分かりませんが、7千名以上の不合格者が生み出されてしまい、世間の注目を集めてしまいました。

現在、中期選抜の出願者数の公表が待たれているところですが、定員数から考えて、2千名近くの生徒が、また不合格になります。公立高校受験で2度も不合格体験をすることになります。彼らに私立併願校が確保できていれば、3月17日の合格発表後のわずか3日後の20日までに、私学へ学費を納めなければなりません。

他府県では当たり前のことを大きく言うな、と叱られそうですが、京都ではこのような事態が、現在進行しています。「15の春は泣かせない。公立は受かって当たり前、地域の公立高校なのだから」というこれまでの常識は、今年から消えました。自由出願は当たり前なのですが、受験生を持つ京都の家庭で動揺が走っているのは事実です。

制度変更の周知は、出来ていたのでしょうか?

 

2月25日 吉村塾の今日の日誌です。~京都・公立校入試について~

20080322_501636[1]

 

 

 

 

24日(月)に発表された京都府の公立高校前期選抜試験の合否判定は、大量の不合格者を出すことになりました。1万3037人の志願者数に対して、合格者は5289人でした。合格を勝ち取れなかった生徒さんが、7748人もいることになります。昨年までの、「特色選抜・推薦入学」制度とは、比べものになりません。選抜試験制度とはいえ、これほどの大量の生徒に「不合格体験」を課す試験は、一般の高校入試では考えられません。

専門学科を受験した人は一回限りの試験ですので、合否結果を受け止めることになりますが、例えば、嵯峨野高こすもす科は、前年度倍率2,04倍が、今年の志願者倍率は2,58倍でした。これほど高人気になると、合否の推定がとても難しくなります。西京高エンタープライズが2.09倍、堀川高探究学科群が1,79倍、桃山高自然科学が3,23倍などとなっており、専門学科で合格できなかった生徒が、中期選抜の主力となり、普通科のレベルアップをもたらすことになると思います。あるいは、併願で合格している難関私立校へ流れるかもしれませんが、公立改革にともなう「公立人気」が湧き起こるかもしれません。その可能性のほうが高いと思います。

また、普通科では例えば、鴨沂高は、前期募集定員40名に対し、志願者数は230人の5,75倍となり、「9校で5倍を超えた」と報じられました。「自由出願」になったことで、これまで以上の生徒が公立受験に挑戦したことが分かります。前記の不合格者数を見れば分かるように、多くの生徒が不合格体験をしました。「公立受験は落ちることがまずない」と言われた京都の高校受験が大きく変わりました。ここでいくつかの気になる点を示したいと思います。

第1に、不合格になった生徒が、気を取り直し、わずか2日(明日の26日)で中期選抜の志望校を決められるのか、ということです。分かっていてもショックを受けている生徒は多数いると思います。第2に、前期選抜の普通科はほぼ3科目入試であり、中期選抜では5科目入試となります。受験科目が増えることは影響が大きいでしょう。第3に、中期選抜は3月7日(金)です。ほとんど時間がありません。公立改革初年度ということもあり、生徒・保護者・入試関係者は気を揉むばかりです。